言語聴覚士の求人を探す!失敗しない納得の行く言語聴覚士の職場を見つける為に

言語聴覚士の求人を探している方で、なかなか思ったような職場が見つからない。

実は言語聴覚士の求人を探している方はこんな悩みを多く持っているのをご存知でしたか?

言語聴覚士と言うのは、主としてコミュニケーションの障害、すなわち発話や聞こえなどに問題のある方の支援をするお仕事。

とても大変なお仕事ですが、なかなか求人数がないと言うのが現状です。

そんな言語聴覚士の求人を探している方へ、少しでも希望の職場が見つかるような情報を発信していきたいと考えています。

言語聴覚士の求人に関する今後の需要

言語聴覚士はまだまだ歴史が浅い事もあって、認知度も低いのが現状です。

しかし今後はどんどん需要が増えてくる職業とも言えますので、一生懸命取得した言語聴覚士の資格はこれからどんどん活かす場が増えてくると言われています。

特に高齢化社会になる日本では、言語聴覚士という職種は本当に重要になってきますのでコミュニケーション能力に優れている言語聴覚士が求められているのも事実です。

実は非公開求人も多くありますので、より良い職場を探すには良いサービスを利用したりしなくてはならないのです。

言語聴覚士はどんな能力が求められているのか?どんな人材が欲しがられるのか?

経験以上に言語聴覚士に求められる事はコミュニケーション能力です。

また障害を持つ患者さんと接するお仕事ですので、根気強さも必要とされます。

言葉に障害を持つ患者さんを相手にするお仕事ですので、言葉意外のメッセージを根気強く読み取る力が大切になってくると言う事ですね。

意思疎通が難しい相手(患者さん)とお付き合いをするお仕事ですので、知識だけではなくこういった我慢をしていく力や周りとの協調性、コミュニケーション能力がとても求められる仕事とも言えるのです。

言語聴覚士の求人や就職状況は?

先ほどもお伝えしましたが、言語聴覚士はまだまだ求人数が少ない職業になってきます。

リハビリ系の職種の中でも特に少ないのが言語聴覚士の求人ですね。

少しでもあなたの中での条件を厳しくしてしまうと思ったような職場が見つからない。

これもこれから言語聴覚士の求人を探す人の大半が思っている事なのです。

ではどうしたら良いのか?

やはり教員の紹介や、学校の紹介、ハローワークだけではなく、表に出ていない言語聴覚士の求人情報もくまなく探す事が必要だと言われています。

そのほとんどが医療機関が就職先となる事が多いのですが、福祉関連や介護関連でも言語聴覚士の需要はたくさんあります。

教員、学校からの紹介では医療関連の就職先が多くなっていますので、こうした視野を広げる事も希望の就職先を見つける為には重要な部分になってくる、と言うわけですね。

言語聴覚士の給料と年収はどのくらいが相場なのか?

これから言語聴覚士の求人、就職先を探す時にまず考えるのが給料や年収ですよね。

これは医療機関に勤めるのと介護、福祉関連の職場に勤めるのでは若干の変化はありますが、平均的な言語聴覚士の給料としては25~30万円と言われています。

年収にして300万円~400万円と言うケースが一般的とされています。

同じリハビリ関連の作業療法士や理学療法士と比較をすると、給与面では少し低くなる可能性も考えておいた方が良いでしょう。

ただ、非公開求人の中には少しでも良い待遇、給料などがもらえる職場もありますので言語聴覚士の求人を探される方は就職活動にも労力をかけるのも大事な部分だと思います。

言語聴覚士というお仕事は、日勤中心の勤務状況になっていますので夜勤帯の勤務はとても少なくなっています。

シフト制での勤務も多くなっている事から、土日がすべて休めると言うわけでもありません。

お休みが気になる方は言語聴覚士のお休みはシフト制、と思っておいた方が良いかもしれませんね。

あなたが好む言語聴覚士の求人を探す為の参考にしてください

言語聴覚士の求人についてこれまでまとめてきました。

特に現段階では女性の方が多くなっています。

しかも20~30代の女性が言語聴覚士の求人を探している方が多いと言う事もあって、出来る限り希望に沿った職場を見つけたいところですよね。

多くの言語聴覚士の求人や就職先は専門学校や養成学校の紹介を元に決められている方が多くなっています。

しかしこれだけでは、求人数が少ない言語聴覚士のお仕事はなかなか見つからないのが現状。

そこで当サイトでは、言語聴覚士の求人を多く扱っている求人サイトを利用する事をお勧めしています。

こういった専門性の高い求人サイトはそんなに多いわけではありませんので、言語聴覚士の求人を探される方は一度無料相談やカウンセリングをしてみると良いでしょう。

介護全般の求人サイトもありますが、言語聴覚士に特化した求人サイト、もしくは言語聴覚士、作業療法士、理学療法士に特化した求人サイトはほとんどありません。

こういう求人サイトでは、職場の雰囲気なども細かくわかりますし、何よりも言語聴覚士の方の気持ちをよくわかっている担当者がお話を聞いてくれます。

しかも非公開求人も多くなっていますので、養成学校や専門学校の紹介だけではなく、こういった言語聴覚士専門の求人サイトも利用する方がより希望に近い職場を見つける事が出来るでしょう。

少しでも満足のいく就職先を見つけてくださいね!